本文へスキップ

冬の京都おすすめお手頃価格のはも・寿司・ふぐ河豚クエ鍋が好評【ふぐ/クエ鍋/寿司/柳家】

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075−221-1327

〒604-8083 京都市中京区三条通富小路東入中之町23



  寿司組合研修会 令和元年年6月12日(水)    【ふぐ/クエ鍋/寿司/柳家】

淡路島 観光バス
寿司組合研修会(親睦会) 淡路島びわ狩りとお香作り体験
京都府寿司生活衛生同業組合 研修会淡路島 ドライブイン淡路 観覧車
ドライブイン 淡路島大石 びわ狩り琵琶狩り 大石農園
びわ狩り ビワ狩りウエスティン淡路 集合写真練り香体験
練り香 お香 淡路たこせんべいの里

寿司組合 研修会 日帰り旅行記

「気配り、目配り、心配りツアー」

         令和元年 六月二十二日(水曜日)

 

淡路島の北淡方面へ研修に参りました。参加人数は二十二名。前日までの曇り空や、にわか雨でお天気の具合を危惧しておりましたが、当日の朝はすがすがしく、淡路島へと向かうに従い徐々に晴れ間が覗き、島へ到着の頃には素晴らしいお天気となりました。

 

四条大宮バス停が発着地で、参加者のうち約半数がここで乗車。みんな時間通りに集合です。宇治方面からの参加者さんたちは京都駅の八条口、観光バス乗り場での乗車ですが、この駐車場は一〇分間は無料なのですが、それを過ぎると二千円の料金が発生するので、時間調整しつつ、ピックアップ。無事に参加者全員これで乗車できましたので、いざ出発進行。

皆さんが揃ったところで、今日の旅の工程を説明し、本日ご参加いただいております宇治田理事長様にご挨拶をお願いいたしました。お言葉の中、今日一日、

「気配り、目配り、心配り、」でもって、皆楽しく過ごしましょう。とのすばらしいフレーズを頂きましたので、この度のキャッチフレーズにさせていただこうと思った次第です。

途中、サービスエリアで休憩しつつ、参加者さんたちは、お喋りや、うたた寝など思い思いに過ごし、いつの間にやら明石大橋を渡り、淡路島へ到着。

島のサービスエリアには、大きな観覧車があり、インスタスポットもたくさんあります。他所からの観光客たちはあちこちでカメラのシャッターを切っておられました。京都市内に在住しておりますと、海を眺める機会が少なく、ここ瀬戸内海は、心晴れ渡る眺めです。明石海峡大橋から向こう岸は六甲山や、あべのスカイツリーまで見渡せます。この後、びわ狩りへと向かうのですが、ひと山、ふた山、と越えてゆくと、沢山のソーラーパネルに幾棟もの風力発電の風車があり、そこここには早苗の水田。棚田も観うけられ、美しい風景です。

びわ狩り園へは、海沿いの道を進み、キティーちゃんのレストランを過ぎてすぐにありました。(キティーちゃんバスも走っています)

小高い丘?山?の中腹に果樹が植えられていますので、ちょっとした山登りの感覚です。

道中、舗装路から果樹園へ続く道は地道になるので、お天気が悪ければびわ狩りするのは難しかったでしょう。淡路なまりのご主人(おっちゃん)の説明後、びわ狩りとなるのですが、皆、早々に実が保護されている紙袋を破り、びわを頬張り始めました。市場やスーパーで見かけるびわの品種とは違い、大振りで、丸々としており、とってもジューシー。(品種名は忘却)五個も、六個も頂きました。漢方薬店ではびわ茶が売られているそうで、体に良い果物なのでしょう。食べ過ぎでお腹を壊すことも無いようです。こちらの園では実を市場へ出荷せず、びわ狩りと、園での販売を主にされています。びわ狩りを楽しんだ後、お土産に箱入りびわを買い求め、昼食を摂りにウエスティンホテルへと参りました。

 

六月と言うこともあり、ホテル内には着飾った方々が多く、華やかな雰囲気です。

我々には、個室が用意されており、円卓での洋食ランチコースを頂戴癒しました。淡路島名物の玉ねぎを使ったドレッシングのサラダや、海の幸、山の幸とふんだんに使用したお料理で、大変美味しく堪能致しました。この頃のには、初顔合わせのメンバーも皆、和気あいあいと、親睦を深め、楽しい時間となりました。

食後、集合写真をロビーで撮り、次のイベントのお香作り体験へと進みます。

淡路島にはお香屋さんがたくさんあり、こちらの産業の一つなのでしょう。体験場は大きなお香屋さんのひと区画で、大変大きく、百人位まで、一度に利用出来そうな広さです。

体験は練香作りで、原材料の椨「たぶ」の粉末にお好みの香料(香水)を混ぜ、乳鉢で練るのですが、なかなか上手く練れずに固まらない方もちらほら。固まったら、後は握り寿司を握るがごとくに手で団子にします。そして綿棒でローラー状にして、クッキー型で型抜きして出来上がり。小さく切りそろえた段ボール紙の上に置き、又上からダンボールでサンドイッチにして保存、乾燥。数日すれば出来上がりです。今はまだ乾燥中の為、出来具合が分かりませんが、この記事が載るころには楽しめるでしょう。

そして、最後に「たこせんべいの里」へ、こちらは工場見学せずに、お土産購入と一服です。たくさんのお味のおせんべいがありまして、すべての商品を試食できます。いやしんぼうの私はほとんど全種類の商品を試食。そんなことをしましたので、どのお味もおいしく、数点に絞れませんでしたので、購入はアソート(全部入り)を買い求めました。又、皆に小袋入りのプレゼントも頂き、ここを後にし、京都へ。

帰路も渋滞などに遭わず、スムーズに京都まで。

宇治方面グループとは京都駅で別れ、四条大宮では残りのメンバーとも解散。無事、事故もなく、皆楽しく終了することが出来ました。

「気配り、目配り、心配り」で有意義な時を過ごせ、楽しい研修旅行でしたので、ここにご報告させていただきます。

この記事をお読みになられましてご興味が湧かれましたら、是非、次回の研修旅行に皆様のご参加をお待ち申しております。

 

                      中京支部 支部長

                          柳家  柳澤 伸夫

追記

 宇治田理事長様から頂戴しましたフレーズ

「気配り、目配り、心配り」

関西空港など空港の到着口に、各国の言語で掲げられると、昨今問題になっています、インバウンドのマイナス点が少しは改善されるのではと思っている今日この頃です

ウエスティン淡路

shop info.店舗情報

京都の寿司お手頃価格!ふぐ河豚にクエ鍋【ふぐ/クエ鍋/寿司/柳家】柳家本店

〒604-8083
京都市中京区三条通富小路東入
中之町23
TEL.075−221-1327
FAX.075−221-1327